卒業生からのメッセージ

Alumni Voice

卒業生からのメッセージ
HAIR DESIGN chambord
(ヘアデザイン シャンボール)
STAFF:
菰田 真希
2017年3月卒業
指名や紹介がとってもうれしい! 
美容師は面白い経験できる仕事
県内で3店舗運営している会社で、どこのお店もとてもカラー技術が高いと思います。技術力アップのために、コンテストにも積極的に参加しています。練習が大変だなと思う時もありますが、2019年秋の大会では、ホイルワークで四国2位になることができました。
お店ではシャンプー、ヘッドスパ、カラーやパーマの薬剤塗布などを担当しています。実際に働いてみると、国家試験に向けた勉強とはまた違う難しさがあります。例えば、ブローはただ髪を乾かすだけじゃなく、コツが必要。根本、中間、毛先に均等に熱を入れないと、うまくまとまらないんですよね。
シャンプーやマッサージは、休みの日も研究。県美の先輩がいるお店に行って、「こうすればいいんだ」と参考にしています。お客様から「気持ちよかった」とほめていただくことがあり、シャンプーを始めてお客様がうとうとしだしたら「よし!」と思います。カラーの仕組みもだんだんと分かってきました。この髪色にするにはどうすればいいか、薬剤の調合はお客様の髪質によって全く違うのですが、それが思った通りにできるようになってきました。
県美の同級生がモデルカットを始めたと聞き、負けていられないなと思っています!
KEIM hair (カイムヘア)
STAFF:
増田 みう
2018年3月卒業
技術力アップ目指して練習 
同級生の活躍が刺激に
中学生から美容師になりたいと思っていました。カットやセットをしてもらえるのがうれしかったですね。自分の技術でお客様の変身をお手伝いできるのが、美容師の仕事の面白いところだと思います。
ネイルにも興味があったので、美容を総合的に学べる県美にしました。実習など最初のうちは、覚えるまで何度も繰り返して練習するので、自分は向いていないかも…と思うこともありました。でも、そこを乗り越えるとすごく楽しかったですね。先生が親しみやすく、よく進路相談に乗ってもらいました。クラスメイトとは、行事や試験の前に円陣を組んで励まし合っていました。卒業してからも、1年に一度はみんなで集まろうねと言っています。県美は一人で悩まずに、先生や仲間と支え合って勉強できるところです。
お店では、カラーやヘッドスパを担当しています。就職してからの1年は、あっという間でした。学生時代は人見知りでしたが、いろんなお客様とお話しして、視野が広がりました。県美の授業でアレンジを練習できたことが、今の仕事に生きていますね。結婚式や成人式など、お店が忙しい時に役に立てたと思います。カットやアレンジだけでなく、お客様にトータルビューティーのご提案ができる美容師になりたいですね。
copyright(C)2007
Kagawa Beauty Collage
ALL RIGHTS RESERVED.