在校生からのメッセージ

Current Students

在校生からのメッセージ
美容学科(2年生)
三好 羽美
高校までバスケをしていて、体育の先生になりたいと思っていました。でも、髪をバッサリ切ったとき、担当してくれた美容師さんが自分のイメージ通りにしてくれて。美容師ってすごい!と思いました。もともと髪のセットが好きだったこともあって、美容師に興味を持ち、県美に入りました。
県美は厳しさの中にも楽しさがある学校です。自分は手先が器用なほうだと思っていましたが、実習が思っていたよりも難しくて、特にカットでは苦労しました。先生にもたくさんアドバイスしてもらいました。技術は基礎が大事だと考えて、何度も練習。校内コンクールではカットで3位になれました。国家試験に向けて、カットやウェーブは家でも練習しましたね。卒業制作は「レトロ」をテーマに、80年代風メイクを担当しました。普段とは違うメイクができて面白かったですね。
卒業後は県内の美容院に就職します。不安もありますが、とにかくやるしかない!と思っています。コミュニケーションを大切にして、お客さんの要望をくみ取り、喜んでもらえる美容師になりたいですね。
美容学科(2年生)
鈴木 初音
母が美容師をしているので、自然と私もなりたいと思うように。お客さんがきれいになって、笑顔で帰っていくの見るのがとても楽しかったですね。卒業後は県内の美容院に就職が決まっています。指名がたくさん取れる美容師になりたいですね。将来的には、母と一緒にお店ができたらと思っています。
県美はたくさんオープンスクールがあるので、どんな学校なのか入学前に分かるのがいいと思います。母が県美の卒業生だったので、私は最初から県美にしようと決めていました。特にネイルの授業が好きでした。同級生とお互いにモデルになって、チップに自分で考えた絵を描いたり。一番の思い出は卒業制作です。「sweet」をテーマに、赤やピンク、ラメを使ってかわいい系のメイクをしました。
エステやネイル、着付けなど美容に関する技術や知識を幅広く学べたので、県美にしてよかったなと思っています。
美容学科(1年生)
安部 みなり
県美はとにかくめちゃくちゃ楽しい!オープンキャンパスに来て、先輩や先生といろんな話をして、県美に決めました。学校の雰囲気がいいし、先生が優しい。頑張り合える仲間もたくさんいます。
子どものころから髪をセットするのが好きで、美容師になりたいと思っていました。県美の授業の中でも、アップスタイルの実習が一番好きです。ウェーブが思うようにできなくて難しいですが、同級生たちも頑張っているので自分もやる気になれます。先生にもアドバイスをもらって、技術の練習をしているところです。校内コンクールではワインディングで2位になることができ、学園祭でも実技を披露する機会をいただきました。2年生になると、メイクの授業がもっと多くなるのでうれしい。東京へ行く研修旅行も、すごく楽しみにしています。
将来は人を笑顔にする仕事ができたら。お客さんとの間に壁がなくて、気軽にお店に来られる、友人のような美容師を目指しています。
copyright(C)2007
Kagawa Beauty Collage
ALL RIGHTS RESERVED.